つみたてNISAとは?金融庁のお墨付きの投資信託を非課税で投資する制度

生活

どうもDMJです。
つみたてNISAという制度を皆さんはご存知でしょうか?
ざっくり結論だけ言うと、金融庁おすすめの投資信託の運用益が非課税になる投資制度、のことです。

日本の金融商品は利益になった部分に税金が課せられます。
例えば20万円投資して25万円になったら、増えた5万円(運用益)に税金がかかります。
税率としては20.315%、つまりだいたい20%です。
しかしながらつみたてNISAで投資をしていた場合はこの5万円に税金はかかりません。

本記事ではつみたてNISAのポイントやメリット・デメリットを解説していきます。

つみたてNISAのポイント

今からつみたてNISAを始める人が抑えるべきポイントは以下の通りです。

・利用可能者:20歳以上の日本居住者
・非課税投資枠:40万円/年
・非課税期間:最長20年間
・投資可能期間:2018年から2037年まで
・投資対象商品:金融庁が選んだ商品

つまり年間40万円を上限として投資でき、投資したお金は最長20年間まで非課税で運用が可能です。
20年間ずっと引き出せない訳ではなく、自分の好きなタイミングやお金が必要になったタイミングで引き出しても大丈夫です。

20年後まだ運用を続けたい場合は、NISA口座から特定口座や一般口座に移すこともできます。
この場合特定/一般口座に移した額(元本+運用益)までは非課税です。

また投資対象商品が金融庁が選び抜いた投資信託です。
つまりぼったくり商品が少ないので安心できます。

つみたてNISAの具体例

具体的な数字で説明します。

1. 20年後に利益が出ている場合

2020年に40万円をつみたてNISAで投資をしました。
20年後の2040年に100万円になりました。
運用益の60万円は非課税です。
2041年にNISA口座から特定口座に移した場合、100万円が元本となり非課税です。

2. 減った場合

2020年に40万円をつみたてNISAで投資をしました。
20年後の2040年に35万円になりました。
2041年にNISA口座から特定口座に移した場合、非課税となる元本は35万円です。
この35万円がもともとの元本40万円に戻っても、運用益5万円には税金がかかります。

参考までに金融庁のホームページに記載されている図を転載します。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAの主なメリットは次の3つになります。

1. 運用益が非課税である。

繰り返しになりますが、運用益が非課税になります。
通常の税率20.315%がかかりません。

2. インデックス投資と相性がよい。

20年という長期で運用することを前提にすると、インデックス投資と相性がよいです。

3. いつでも引き出せる。

iDeCoなどの確定拠出年金とは違い、つみたてNISAは必要なときに投資したお金を引き出せます。
もともと長期投資の予定で積立てたのだけど急にお金が必要になった…、という場合にも安心です。

インデックス投資については以前記事にしました。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAの主なデメリットは次の4つになります。

1. 非課税枠の繰越しができない。

例えばある年の非課税枠40万円のうち20万円を使用せずに翌年に繰り越し、翌年は60万円の非課税枠にする、というような使い方はできません。

2. 非課税枠の再利用ができない。

例えばある年に非課税枠40万円を全て使って購入し、事情があり1度10万円を売却した場合、売却した10万円は非課税枠として復活しません。

3. 損益通算ができない。

損益通算とはざっくりいうと、損失が出た時とに別の利益と相殺して税金を控除する仕組みです。
つみたてNISAでは損失がないものとみなされるため損益通算ができません。

4. 元本割れがある。

投資の宿命ですが銀行預金とは違い、元本保証がありません。

しかしながらこれらのデメリットは、つみたてNISAで長期のインデックス投資をする前提ならばあってないようなものだと思います。

まとめ

つみたてNISAは運用益が非課税になる制度です。
また投資対象の商品は金融庁のお墨付きの投資信託なので安心です。
長期のインデックス投資をするならば使わない理由はありません。

みなさんも投資スタートの一歩につみたてNISAを始めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました