投資信託とは何か?初心者におすすめな投資商品の1つ

生活

どうもDMJです!
以前の記事でインデックス投資について解説しました。

本記事ではインデックス投資と相性の良い投資信託というものを紹介します。
是非最後までお付き合いください。

投資信託とはどういうものか?

投資信託は私達投資家が投じたお金を1つにまとめて、プロが投資商品を買い、お金を増やしていくシステムです。

順番に説明します。
私達投資家が、この投資信託商品を買いたい!、と思って証券会社へお金を投じます。
複数人のお金がまとまるとファンドと呼ばれるプロが投資信託商品を購入します。

以下のようなイメージです。

投資信託のイメージ

株式投資との違いは何か?

株式投資との主だった違いは以下のようになります。

1. 取引価格

株はリアルタイムで値段が変動します。
対して投資信託は1日1回値段が変動します。

2. 資金の必要性

株、特に日本株は基本的に100株単位でしか購入できません。そのため最低購入価格高くなりがちです。
対し投資信託は投資商品にもよりますが100円から始めることもできます。

3. 分散性

株は1社ずつ購入しなければなりません。
対して投資信託は1つの商品で複数社の株を購入することができ、分散が効いています。

4. 運用者

株は基本的に投資家が運用します。
対して投資信託は先述しましたが投資のプロが運用します。

投資信託のメリット

投資信託のメリットは以下のようになります。

1. インデックス投資と相性が良い

証券会社によっては、投資信託は決まった日に決まった額を自動で積立てることができます。
そのためインデックス投資と相性が良く、インデックス投資のメリットを享受できます。

2. つみたてNISAと相性が良い

政府主導で行っている、つみたてNISAという制度と相性がよいです。
つみたてNISAとは簡単に言うと利益部分に税金がかからない、という制度です。

3. 少額から分散投資ができる

商品にもよりますが投資信託は最低100円から購入でき、基本的に分散が効いています。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットは以下のようになります。

1. コストがかかる

売買手数料や運用管理費、維持費がかかります。
投資信託によっては一部コストがかからないものもあります。

2. 元本保証がない

預貯金などと違って元本保証がないため、タイミングによっては売却額が購入額を下回る可能性があります。

3. ぼったくりな商品が多い

投資信託によっては、手数料が高い、投資先が投資するに値しない、タコ足配当があります。
タコ足配当とは、元本減らしてまで配当を行う行為です。
お金を増やすための資金がなぜか税金などが引かれて戻ってくるって意味が分からないですね。

つまりコストが可能な限り低く、ぼったくりじゃない商品を選ぶことができれば、少なくとも致命傷を負うことはありません。

DMJが購入している商品

私は楽天証券を使用していますが、購入している投資信託は、

楽天・全米株式インデックス・ファンド

です。
通称楽天VTIと呼ばれています。
つみたてNISAで積立ています。

コストも比較的低く、投資先はVTIと呼ばれる歴史と実績があるETFです。
ETFとは何かということはまた後日説明します(^^;

まとめ

投資信託はインデックス投資と相性の良い投資商品です。
少額から購入でき、分散が効いています。
またつみたてNISAの制度とも相性がよいです。

ただしコストが高かったり、ぼったくりな投資信託があったりします。
このような投資信託を避け、適切な投資信託を購入することができれば致命傷を負うことはありません。

投資初心者はつみたてNISAで投資信託を購入することから始めることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました