インデックス投資とは? 長い目で儲ける可能性が非常に高い投資

生活

どうもDMJです!
インデックス投資という言葉を皆さんご存知でしょうか?
インデックス投資はざっくり言うと、

「時間はかかるが適切な指標に投資をすることによってお金を増やすことができる投資」

です。

本記事では私が実践しているインデックス投資について説明していきます。

投資のイメージ

そもそも皆さんは、投資と聞くとどういうイメージをお持ちでしょうか?
最初私は証券会社でよく見る、複数のディスプレイで株価のチャートをひたすら見ているイメージがありました。

よくある投資のイメージ

このような投資には、
・投資にのめりこみすぎて時間がなくなりそう
・ギャンブル要素が強すぎて不安
というネガティブな思いがありました。

そこで私にもできる投資はないかと調べていくうちに出会ったのが、インデックス投資です。

インデックス投資とは?

インデックス投資は、指数と同じ値動きを目指すファンドやETFなどの金融商品に投資する方法です。
ここでいう指数の一例を以下に示します。

・日経平均株価
・TOPIX
・ダウ平均株価
・NASDAQ
・S&P 500
・野村BPI

これらの指標は複数の企業の株価で決まります。
つまり分散が効いているということになります。

分散が効いているので、例えば指標を構成する企業のうち1社が潰れたとしても指標全体としてはあまり大きな影響はない、ということになります。
ただし逆もまたしかりで、1社だけ値上がりしても指標全体で見ると値下がりしている場合もあります。

もちろん不景気で指標全体が大きく値下がりする場合もあります。

ドルコスト平均法とは?

上述したインデックス投資はドルコスト平均法で積み立てることで、より利益が上がりやすくなります。

ドルコスト平均法とは、定期的に定額で積立てることです。
例としては、毎月1日に1万円を積立て続ける、みたいなことです。
このように投資をしていくと自動的に、積立対象商品が安いときはたくさん購入し、高いときは控えめに購入するようになります。

つまりインデックス投資+ドルコスト平均法をまとめると、
あるインデックスに連動する商品を定期定額で積み立てていく
ということになります。

一般的にインデックス投資+ドルコスト平均法のことを、インデックス投資と呼ぶことが多いです。

インデックス投資の注意点

インデックス投資の注意点は、どのインデックスに連動した金融商品を選ぶか、です。

例えば日経平均株価とS&P 500を見てみると以下のようになります。

1991年からの日経平均株価
1980年からS&P 500

長期的に見ると日経平均株価が株価が伸び悩んでいるのに対して、S&P 500は右肩上がりになっています。

インデックスが右肩上がりでないと、インデックス投資ではお金が増えません。

インデックス投資のメリット

インデックス投資のメリットとしては以下の3つがあります。

・少額から分散投資が始められる。

先述しましたがインデックス投資は企業の分散が効いています。
つまりリスクが少ないです。
加えて投資信託ならば数百円から始めることができます。

・投資を行う時間が少なくてすむ。

最初に例を出したように、この投資方法はパソコンをにらめっこする必要はなく、定期的に定額で積立てるだけで済みます。
そのため投資の時間的拘束が少ないです。

・長期投資なら資産がプラスになる可能性が高い。

10年や20年という長期で保有すれば、資産がプラスになる可能性が非常に高いです。
投資の世界において資産がマイナスにならない、というのは非常に重要です。

インデックス投資のデメリット

インデックス投資のデメリットとしては、以下の3つがあります。

・短期間では資産がマイナスになる可能性がある。

良いインデックスは10年や20年といった長期で見るとプラスになっています。
しかしながら1年や5年といった短期で見るとインデックスはマイナスになる可能性もあります。
そのため資産もマイナスになる可能性が高くなります。

・機会損失がある。

例えばボーナスや相続などで臨時収入(資産)が入ったとします。
その臨時収入を毎月一定額ずつインデックス投資で積み立ててると、どうしても現金として資産を保有している期間が長くなります。
現在の日本の銀行の金利では、現金で資産を保有していても大きくプラスになる可能性は極めて低いです。

つまり積立待ちの現金は資産を増やしてくれません。
それならば一括投資をすれば良いのですが、投資した直後にコロナショックのような大暴落が発生する可能性もあります。

・収入が増えている実感ができない。

インデックス投資は資産を最大化するには有用な投資手法です。
ただし毎月の収入が増える投資手法ではりません。
給与所得はそのまま、自然に預金残高が増えていくイメージです。

それならばインデックス投資で積立てている資産を崩せば良いだけなのですが、それでは資産が目減りします。
まあ、貯めているだけでは仕方ないので、いつかは形成した資産を使わないといけないのですがね。

つまり日々の生活が豊かになる実感が湧きません。

まとめ

どんな人でもインデックス投資で、長期的には資産をプラスにできる可能性が高いです。

ただし投資するインデックスは必ず右肩上がりのインデックスにしなければなりません。

毎月数百円から始めることができるので、初心者が投資を始める入り口としては非常におすすめです。
今から始めるなら節税効果がある積立NISAがおすすめです。

Profile
この記事を書いた人
DMJ
DMJ

海外にいることが多い社畜。
ボーイスカウトとお金と漫画とバイクのことを考えて生きています。
記事更新はぐだぐだです。

DMJをフォローする
生活
スポンサーリンク
DMJをフォローする
社畜リーマンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました