【体験談】歯医者の定期検診に受診していても要注意である。

その他

おはようございます、DMJです^^
皆様、歯医者の定期健診を受診していますか?
私は大学生の頃より、3か月に1回の定期検診を欠かしておりません。

歯の予防医療に力を入れている私でも、歯に関して痛い目を見たことがあります。
本日はその体験談をお話ししたいと思います。

本記事はあくまで私の体験談です。
こういうこともあるんだなー、と思って読んだいただけたら幸いです。

先に結論

結論だけ先に言うと、

・予防医療をしっかり行う
・医者の言うことを過信しすぎるな

となります。

当たり前のことと言えば当たり前のことですね。
それでは詳細をお話ししていきます。

DMJの歯医者歴の変遷

私はこれまで以下の4つの歯医者を渡り歩いていきました。

1院目(A院):(約20年)地元の歯医者
2院目(B院):(約2年)上京先の最寄りの歯医者
3院目(C院):(約半年)引っ越先の最寄りの歯医者
4院目(D院):(現在まで)現在お世話になっている歯医者

地元のA院から定期検診(大学生くらい)が始まり、ずっと定期検診を欠かしておりません。
上京して初めての歯医者は最寄りのB院にしました。
その後1度引っ越して、同じく最寄りのC院に鞍替えしました。
最終的に今のD院に今のところ落ち着いております。

事件

問題が発覚したのはC院の最初の定期検診です。

医者
C院医者

DMJさん、虫歯がたくさんあり、状態が酷いですよ。

最低詰め物をしないといけないですし、

最悪神経を抜かないといけませんね。

DMJ
DMJ

…嘘でしょ。

DMJ、これまで定期検診を欠かさず受けていたにも関わらず、もちろん歯磨きもちゃんとしていたにも関わらず、虫歯が発覚しました。

最後に定期検診を受診してから3か月くらい経っていたので、この3か月でこのひどい虫歯ができたのかな?と思い質問したら以下の回答がありました。

医者
C院医者

いや、これは2年間くらい見過ごされている虫歯です。

DMJ
DMJ

つまりB院が2年間見落とし続けていたのですね…。

ということで非常に悔しいのですが、B院へ定期検診へ通った2年間、虫歯がずっと見落とされていたそうです。
C院の歯医者曰く、この虫歯は誰が見てもすぐに分かる、とのことです。

もちろんそもそも自分がより丁寧に歯磨きをしたり、フロスを導入していたりすればこの虫歯は十分に予防できたことは理解しております。
しかしながらB院での2年間は何のための定期検診だったのかと、考えてしまうのも事実です。

歯を削ってみた結果、神経は抜かなくても大丈夫だったのですが、詰め物をすることになりました。
治療については、

・保険が効く銀歯:2,000円くらい
・保険が効かないセラミック:5万円~9万円くらい

という選択肢を迫られました、5本ほど…。
つまり最小1万円、最大45万円となります。

1日みっちり悩みましたが当時なけなしのお金があったので、合計約36万円で5本の歯にセラミックの詰め物をしました。

以上の経験から定期検診だけでなく、予防医療の大切さを学びました。

また1つの病院(この場合B院)を過信せずに、1回だけでも違う病院で検診を受けておけばよかったと思いました。

所謂セカンドオピニオンも柔軟に取り入ればよかったかなーと思いました。

まとめ

本記事では以下の2つの学びを紹介しました。

・予防医療をしっかり行う
・医者の言うことを過信しすぎるな

ご存じの通り健康な歯は、医者曰く1本104万円の価値があります。
私は今回の件で既に5本の健康な歯をダメにしました。
損失は約36万円です。
これ以上は損失を出さないように歯の予防医療に力を入れてまいります。

Profile
この記事を書いた人
DMJ
DMJ

海外にいることが多い社畜。
ボーイスカウトとお金と漫画とバイクのことを考えて生きています。
記事更新はぐだぐだです。

DMJをフォローする
その他
スポンサーリンク
DMJをフォローする
社畜リーマンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました