ボーイスカウトを続けることで得られるメリット8選

ボーイスカウト

お久しぶりです、DMJです。
私は小学生の頃より10年以上ボーイスカウトを続けています。
10年以上続けているとボーイスカウトの色々なメリット・デメリットが見えてきます。
本記事ではボーイスカウトのメリット8選を紹介していきたいとおもいます。

デメリットに関しては、デメリットを紹介するとただでさえ減少気味のボーイスカウト人口がさらに減るかもしれないのでお話しません(笑)

ボーイスカウトのメリット8選

1. 野外活動が好きになる。

ボーイスカウトは野外活動を中心とした活動を展開します。
自然や屋外の野外活動離れが激しい現代の子どもたちにとって非常に良い刺激になります。
野外活動が好きになれば震災大国日本では東日本大震災のような震災での生存確率を上げることができます。
実際に私の知人も東日本大震災時に現場にいましたが磨いてきたボーイスカウトスキルが役に立ったと言っていました。

2. 学校外の友達ができる。

子どもにとって自分が通う学校のコミュニティは絶対的です。
しかしながら学校外のコミュニティを持つことで学校で何かあった時にボーイスカウトが心の支えやセーフティネットになります。
私自身も学校で嫌なことがあっても週末のボーイスカウト活動のおかげで気持ちをリフレッシュすることができました。

3. 指導や教育について考えるようになる。

ボーイスカウトを続けていると自然と後輩に指導する機会に恵まれます。
どういう教え方が良いのか、感覚的ではなく理論的に教えないといけない、どうすれば伝わるのか、
というように指導や教育について考えるようになります。
ここで学んだことはボーイスカウトだけでなく学校や会社で後輩に物事を教える時に役に立ちます。

4. 大人になっても役に立つスキルが身に着く。

ボーイスカウトといえばやはりキャンプやハイキングです。
しかしながらキャンプやハイキングに参加するにあたり高校生になると計画書や報告書といった書類を書くことが多くなります。
計画書や報告書ために更にスケジュール管理を行わなければなりません。
このようにボーイスカウトを続けていくと、野外活動のスキルだけでなく書類処理やセルフマネジメントといったスキルも身に着くようになります。

5. 生涯続けられる活動である。

ボーイスカウトは下は幼稚園・保育園児から上はのおじいちゃん・おばあちゃんまで、というような感じで幅広い年代が活動しています。
つまりボーイスカウトは長く続けられる活動であり人生を充実させてくれます。

6. あまりお金をかけない趣味になる。

所属するボーイスカウトの団にもよりますが私の所属している団は年間3~4万円くらいで活動ができます。
人によっては高い金額だと思われるかもしれませんがボーイスカウトが好きな私からすると、
「年間3~4万円で遊びたい放題」
みたいな感覚です。

7. 普段関わらない若い人と関われる。

大人になると、色々な大人と関わることはあっても小学生から高校生年代の子どもと関わることはあまりないと思います。
ボーイスカウトに所属しているとそのような年代の子どもたちと関わることができます。
子どもが好きな人には最高の活動です。

8. 日本全国にネットワークができる。

私見ですがボーイスカウトに従事している人の多くはSNSでFacebookをやっています。
そしてFacebookをやっているボーイスカウト同士で繋がっています。
会ったことがない人同士でも割と簡単につながっています。
そして簡単に繋がれるだけでなく、お互いボーイスカウト活動をしているという信頼感のもとに情報交換もしやすいです。

またボーイスカウトは4年に1回日本ジャンボリーや世界ジャンボリーと呼ばれる交流会が開催されます。
この交流会を通して全国各地のボーイスカウトと仲良くなることもできます。

このようにして日本全国にネットワークができます。

まとめ

ボーイスカウトを続けると以下の8つのメリットがあります。

・野外活動が好きになる。
・学校外の友達ができる。
・指導や教育について考えるようになる。
・大人になっても役に立つスキルが身に着く。
・生涯続けられる活動である。
・あまりお金をかけない趣味になる。
・普段関わらない若い人と関われる。
・日本全国にネットワークができる。

皆さんも是非ボーイスカウトを調べてみてください。

関連がありそうな記事

ボーイスカウトってそもそも何?という方は以下の記事をご参照ください。

ボーイスカウトはどんな活動をしているのか?という方は以下のk時をご参照ください。

私がボーイスカウトを続けている理由を知りたいという方は以下の記事をご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました