2年間家計簿をつけて見えたDMJの生活にまつわる数字

生活

社会人になって無事2年間を終えました。
海外出張に行ったり、先輩との人間関係に悩んだり、そもそも仕事ができなかったりと色々ありましたが、今では良い思い出です。
社会人は3年やって1人前、とよく言われますので、後1年仕事をすれば1人前になれるのかなと考えることがあります。

さて、社会人を2年間続けたということは、家計簿も2年間つけ続けたことになります。
巷では家計簿にはアプリのマネーフォワードを使用するのが良いとされています。
しかし私はその流れに逆らうべく…、嘘です、ただ単に自分好みの家計簿を作るのが好きなのでExcelで家計簿を作っております。

本記事では私が2年間家計簿をつけて分かった私の生活にまつわる数字を紹介したいと思います。
家計簿をつけると分かりますが、単月だと収支はプラスだったりマイナスだったりします。
しかし2年間で平均値を取れば今後の生活において、ある程度今後の参考となるデータになるのでは?と思っております。

それでは見ていきましょう。

貯蓄率:59%

何故貯蓄率を一番最初に持ってきたかと言うと、クリスティー・シェン/ブライス・リャン著『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド (2020)』(岩本正明訳)(ダイヤモンド出版)にて、

リタイアまでの期間は、あなたの年収に左右されるわけではありません。

あなたの貯蓄に左右されるのです。

出典:クリスティー・シェン/ブライス・リャン(2020)『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド (2020)』(岩本正明訳)ダイヤモンド社.

と書かれております。

つまり年収(収入)ではなく、(手取り)年収に対してどれくらい貯蓄できているか(貯蓄率)によってリタイアまでの期間が決まります。
プラス投資リターンによってもリタイアまでの期間は変わってきます。
以下の画像は書籍中から引用させていただきました、貯蓄率とリタイアまでの期間の関係グラフです。

出典:クリスティー・シェン/ブライス・リャン(2020)
『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド (2020)』(岩本正明訳)ダイヤモンド社.

私の場合、貯蓄率が約60%、投資リターンは7%を目指しているので、約13年でリタイアできそうです。
今のところリタイアを目指しているわけではございませんが、1つの目標になります。

月平均手取り月収:627,000円

弊社は基本給は少なめなのですが、
長時間残業代+ボーナス+出張手当のお陰でサラリーマンとしては非常に高い額をたたき出しております。
他にも出張手当は非課税であったり、まだ社会保険料がそこまで高くないことも良い方向に影響しております。

月平均消費:207,000円

詳細はそれぞれ別途説明します。
207,000円が私の最低限の生活費用になります。

住宅費:61,000円

所謂家賃ですね。
家賃は平均額よりも現在の額を見た方が良い気もしますが、とりあえず2年平均は61,000円でした。

参考までに現在の家賃は56,000円ですが以前住んでいた寮の家賃は66,000円(朝夕食込み)でした。

水道光熱通信費:12,000円

水道費、電気代、ガス代、ネット代、携帯代をまとめた項目です。

水道光熱通信費は寮時代は携帯代以外は固定額であったり、現在の1人暮らしの場合は出張のたびに必要に応じて止めていたり、そもそも楽天経済圏だと一部無料であったり、と月によって変動が大きい項目の1つです。

だからこの項目は平均を求める方がちょうどよいと思っております。

任意保険:6,000円

火災保険やバイクの任意保険、今は全て契約を破棄した医療保険などをまとめた項目です。

少し高いと感じているので見直しをせねばと思っているのですが、出張が多くて変更するタイミングがなかなかありません…。

食費:20,000円

この項目も寮時代と1人暮らし時代で随分変わります。

もともと寮時代は朝夕食費は家賃に含まれていました。
そのため昼食のみしか費用はかからず、大体平均18,000円くらいでした。

対して1人暮らしを始めてからの食費は平均30,000円前後くらいです。

交通費:4,000円

この項目は特筆する内容はありませんね。
日々の電車代やガソリン代、帰省の時の費用諸々です。

医療費:3,000円

歯医者の定期検診や病院の診察代、薬の費用を計上する項目です。
おそらく世間一般の人より少し多いくらいだと思います。

生活用品費:5,000円

主に日常の消耗品や被服の費用を計上する項目です。

こんなものではないでしょうか?

その他:11,000円

バイク関係、ボーイスカウト関係、その他年に1回以上発生する出費を計上する項目です。

毎月コンスタントに11,000円が計上されているのではなく、バイクやボーイスカウト用品を購入した月に費用が多く計上されている、と言う感じです。

臨時の出費:85,000円

1年に1回未満しか発生しない出費を計上する項目です。

これまでに額が大きかったのは、大型バイク(一部は浪費と按分)、歯の治療、引越し初期費用、パソコンです。

月平均浪費:51,000円

詳細はそれぞれ別途説明します。
心を豊かにするためにはさらに毎月51,000円が必要ということになります。

通常の浪費:24,000円

1年に1回以上発生する浪費を計上する項目です。

主におやつや漫画、お年玉、お土産代、飲み会代です。

もともと毎月2回くらい飲み会を行っていましたが、2020年度は新型コロナウィルスの影響であまり開催できませんでした。
飲み会が好きなので早く収まってくれればよいと思います。

臨時の浪費:27,000円

1年に1回未満しか発生しない浪費を計上する項目です。

これまでに額が大きかったのは、大型バイク(一部は消費と按分)、iPadです。
というか殆ど大型バイクの購入費用が本項目を占めております(笑)

総資産:985万円

もう少しで大台の1,000万円です。

2020年12月から総資産は伸び悩んでいますが、出張のため費用を立て替えているので精算が完了すればどばっと増加する予定です。

まだ明確に決めておりませんが、資産運用のルールとしては生活防衛資金+出張費用が200万円、残りのお金は定期的に一定額を投資していく、というものです。

まとめ

2年間の生活にまつわる数字を振り返りました。
この2年間で大分必要なものは揃えたので今後は貯蓄率がさらに良くなると思います。

またこの2年間は新型コロナウィルスの感染状況が著しかった初期のころ除けば、株価は右肩上がりです。
そのため私のリスク資産も非常に速いスピードで増加していきました。

このスピードで資産が今後増えるかどうかは分かりませんが、引き続き入金力を限界まで上げてまいります。

関連がありそうな記事

DMJの4月までの資産推移です。

Profile
この記事を書いた人
DMJ
DMJ

海外にいることが多い社畜。
ボーイスカウトとお金と漫画とバイクのことを考えて生きています。
記事更新はぐだぐだです。

DMJをフォローする
生活
スポンサーリンク
DMJをフォローする
社畜リーマンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました